医療脱毛ができない人

医療脱毛を減らす!食事ガイド

医療脱毛ができない人を紹介しています。

医療脱毛TOP > 医療脱毛ができない人

医療脱毛ができない人

医療レーザー脱毛は、非常に安全性が高い脱毛処理ですが、場合によってはできない人もいるので、注意が必要です。

1.10代の成長期

10代の毛根や毛母細胞は、成長段階にあるため、医療レーザー脱毛を受けることはおすすめできません。

ムダ毛の気になる多感な時期ではありますが、成長期のため、施術回数が多く必要になってしまったり、脱毛完了までに通常より時間がかかる場合があります。

20歳以降に受けた方がべストですが、どうしても希望する場合は、親権者の同意書が必要になる場合もあります。

2.妊娠中の女性

妊娠中の女性はホルモンバランスが不安定で、アレルギー症状が強くでたり、皮膚が通常時よりも敏感になる場合があります。

また、万が一トラブルが起こっても、胎児のことを考えると、薬の服用ができないという不安もあります。

医療レーザー脱毛自体は、母体や胎児に悪影響はないとされていますが、妊娠中は施術を行わない方が良いでしょう。

3.毛抜きで処理後すぐ

医療レーザー脱毛では、毛根部分にレーザーの光をあてて脱毛処理を行います。

毛抜きで処理した後すぐだと、毛根部分まで抜き取ってしまっていて脱毛処理ができない場合があります。

毛抜きで自己処理をした場合には、カウンセリング時にきちんと伝え、少し時間を空けてから処理することをすすめられることもあるでしょう。

4.日焼けしている肌

医療レーザー脱毛では、毛の毛根部分の黒いメラニン色素に対して反応するレーザーの光で、ムダ毛を処理していきます。

過度の日焼けをしている肌は、メラニン色素が集中している場合があるので、火傷などのトラブルの可能性があるとして、施術を断られる場合があります。

また、医療レーザー脱毛の処理後、すぐに日焼けをすることも避けるように指示があるでしょう。

アトピーや敏感肌

アトピーや敏感肌などで、脱毛処理が行えるのか不安に思い、一歩が踏み出せないという人はとても多いようです。

医療レーザー脱毛は肌質を選ばず、肌への刺激を最小限に抑えているため、、アトピーや敏感肌の人でも安心して施術が受けられます。

カウンセリング時にきちんと伝え、コンディションを確認後に施術を行うと良いでしょう。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 医療脱毛の口コミランキング All Rights Reserved.